>

賞味期限内に食べる

賞味期限を確認しよう

通販サイトには、保存食の賞味期限が記載されています。
普通の食品に比べたら保存できる期間が長いですが、それでも賞味期限があるので、期間が迫っていたら食べてください。
定期的に保存食を交換することが大事です。
1回保存食を買って、あとは大丈夫だと何年も油断している人はいませんか。
数年後に災害が起こって、いざ保存食を見ると賞味期限が切れて食べられない状態になる可能性があります。

定期的に保存食の確認をすることで、防災意識を高めることができます。
ネットでは、前回購入した商品を簡単に注文できます。
買いに行くのは面倒ですが、自宅で注文するぐらいなら簡単なので、誰でもできるでしょう。
賞味期限が切れないうちに、保存食を食べましょう。

保存食に慣れておこう

これまで普通の食事を食べていたのに、急に保存食を食べるとストレスを感じて、身体が受け付けない可能性があります。
普段から、保存食を食べて味に慣れておきましょう。
また保存食によっては、簡単な調理が必要な場合があります。
災害が起こった時に、食べ方がわからないと困りますよね。
通販サイトを見れば、調理工程が細かく記載されているので、初心者でもおいしく保存食を食べることができます。

災害時は、ゆっくりネットを見て調べることなんてできません。
日頃から災害に備えて、食べ方を調べたり、味に慣れてください。
練習していれば災害時でも、スムーズに食事ができるのでストレスも溜まりません。
通販サイトの説明をよく読み、勉強しましょう。


この記事をシェアする